一般的なウインドサーフィンのスクールは、受講回数に合わせて、教える内容が決まっています。しかし、スクールに来るお客様それぞれに能力・体力などの個人差があったり、 スクール日の風、海のコンディションにより、必ずしも受講回数通りにはいきません。大切なのはインストラクターがその人の能力・体力に合わせ、適格なアドバイスをすること、 そして、お客様に合った最良の道具選びをすることだと考えます。ホワイトキャップのスクールは、20年以上の実績を基に最良かつ、最適なスクーリングをご提供いたします。
インストラクターと一緒に最適な楽しみ方を見つけましょう!!
       
 千葉は海に囲まれており、ウインドサーフィンが楽しめるゲレンデ(場所)が沢山あります。風向きや波に合わせて、皆で一緒に行きましょう! 基本的には「検見川の浜」を中心にスクールを行いますが、季節が変われば、風向きも変わりますので、違うゲレンデに行くこともあります。そんなときはスクール生同士、移動中にウインドサーフィンの話、 インストラクターによる人生相談?、ワイワイ楽しみながら、スクールバスに乗って移動しよう!!
       
 ウインドサーフィンを通じて、たくさんの仲間と出会おう!ホワイトキャップのスクールには、普段、知り合うことの無い様々な職業のお客様が集まってきます。 ウインドサーフィンという共通の趣味の前には、年齢、性別を越えた関係が生まれます。そして、それが縁で結婚したカップルも数十組以上!!
1年を通じ、国内外のツアー、クリスマスパーティー、飲み会など、懇親を深めるイベント盛り沢山!!たくさんの仲間、海の仲間との交流を是非楽しんでください。
         
 
 
 □スクール料金
コース名
コース内容
料金
(消費税込)
詳細
体験コース
ウインドサーフィンを体験するなら、このコースから。
海の安全ルールから、ウインドサーフィンの基礎までを体験できます。

■ウェットスーツ・スクール用道具レンタル込み
4,200円
(1日)
-
初級コース
体験コースを受講されたお客様向け。
体験コースを受講したけれど、まだまだインストラクターからアドバイスを受けたり、本格的にマスターしようと考えている方。
自ら道具のセッティングや前に進むことが出来る人向け。

■大きめのボード・スクールセイルのレンタル込み
5,250円
(1日)
中級コース
初級コースを一定期間受講されたお客様向け。
自ら道具のセッティング、インストラクターの補助無しに前に進むことや、プレーニングと言われる海を滑走することが出来る方。

■小さいめのボード・フリーライドセイルレンタル込み
6,300円
(1日)
マイボードコース
(上級コース)
ウインドサーフィンの道具を一式所有されているお客様向け。
【概要】

@ インストラクターからのスクールおよび、そのアドバイス(毎週土・日・祝日)が中心。(平日はインストラクターが海に居る時のみ)
A 各ツアー料金の割引(サイパン、館山、御前崎ツアー等)
B ニューモデルの優先試乗
C ボード・セイルリペアの割引
D 月1回、ベストコンディションでのスクール(乗れる人限定)
(但し、ベストコンディションがその月に無ければ、翌月)
E マイボードコース(上級スクール)料金1年間一括払い10%OFF

その他、随時サービス拡大を予定しております。
6,300円
(1ヶ月間)
 
 □体験コース 持ち物
     
水着、タオル、濡れてもいい靴(持っていない方は裸足でも問題ございません)を持参してください。
体験コースの方で、ウエットスーツを持ってない方にはホワイトキャップで用意致します(無料)
 
 □体験スクールを実施する検見川の浜(ヨットハーバー)
□検見川の浜   □駐車場
⇒検見川の浜ヨットハーバー駐車場
検見川の浜   検見川の浜の駐車場
 
 □更衣室・シャワー室
□更衣室
⇒検見川の浜ヨットハーバー内(コインロッカー無料)
  □シャワー室
検見川の浜ヨットハーバー内(温水シャワー)
ヨットハーバー内更衣室   ヨットハーバー内シャワー室
 
 □体験コースで使用するウインドサーフィンの道具(ボード・セイル)
□ボード
⇒体験コース用(初めての人でも、5分で乗れる安定感のあるボード)
ウインドサーフィンのボード1   ウインドサーフィンのボード2
□セイル
⇒体験コース用セイル(軽い材質で出来ており、力のない方でも手軽に扱えます)
ウインドサーフィンのセイル1   ウィンドサーフィンのセイル2
 
 □体験コース スクール風景
□ウインドサーフィン道具の説明!
⇒インストラクターが手取り足取りお教えいたします
  □お客様自らセッティング!
⇒意外に簡単かつ、数分間で組み立てることができます
ウインドサーフィンの道具説明   ウィンドサーフィンのセッティング
□インストラクターからのアドバイス
⇒体験コースのお客様へは目を離すことなく、付きっ切りでアドバイスさせていただきます
  □ウインドサーフィンしてみよう
⇒インストラクターのアドバイスを数分間受けただけで簡単に乗れたり、前に進むことができます
ウインドサーフィン練習中1   ウィンドサーフィン練習中2
□お客様全員でランチタイム
⇒体験コースは様々なお客様が来られます。和気あいあいと会話の華を咲かせてください
  □体験コースのお客様で記念撮影
⇒皆でウインドサーフィンを体験した達成感で満ち溢れています
ウィンドサーフィン体験スクール生でランチタイム   ウィンドサーフィン体験スクール生で記念撮影
 □体験コース 動画を見る
 
 □体験コース 1日のスケジュール
 
9:30
ホワイトキャップ集合 最寄り駅(検見川浜駅もしくは新検見川駅)に送迎バスでお迎え!
10:00
海へ出発 体験コースは検見川の浜で実施いたします
10:30
午前の部 スクール開始 ウインドサーフィンの全般の説明から道具の利用方法まで、ご説明いたします
12:30
ランチタイム インストラクターや他のお客様と楽しくランチ!
13:30
午後の部 スクール開始 午前の部の復習を踏まえ、海でウインドサーフィンを体験!
15:30
スクール終了 後片付け、シャワー&着替えでホワイトキャップに戻ります
17:00
解散 ホワイトキャップ(店舗)に戻った後、プロウインドサーファーの動画や他のお客様の 動画を見ながら、楽しく会話!
 
 □スクール送迎バス
 
ウィンドサーフィンスクール号1   ウィンドサーフィンスクール号2
 
 □体験スクールに関するご質問
質問1 全く泳げませんが、ウインドサーフィンを体験出来ますでしょうか?
回答1 ホワイトキャップの体験コースでは、ライフジャケットを無料にて貸し出しています。ライフジャケットを装着していれば、全く泳げなくても溺れる心配はありませんし、インストラクターが傍に居ますので、緊急の事態になっても、サポート致します。
質問2 ウェットスーツを持っていませんが、受講することは可能ですか?
回答2 ホワイトキャップでは各種サイズのウェットスーツを用意しており、無料にて貸し出しています。
質問3 1年前に他ショップにてウインドサーフィンを体験したことがあるのですが、ホワイトキャップでも体験コースを受講することは可能でしょうか?
回答3 全く問題ありません。ホワイトキャップの体験コースでは、過去に1〜2回体験したことあるお客様でも、受講することが可能です。
質問4 千葉県外から参加したいのですが、店舗の場所が分かりません。どのように行けばよろしいでしょうか?
回答4 ホワイトキャップの店舗はJR京葉線検見川浜駅から徒歩10分、JR総武本線新検見川駅から徒歩20分にあります。事前にスクールを申込みされたお客様は最寄り駅まで当社スクールバスで送迎いたします。
質問5 友人を数名連れて受講したいのですが、どのように申込みすればよろしいでしょうか?
回答5 ホームページ左上にあるスクール申込みフォームから、代表者の情報と参加人数を記載いただければ問題ございません。
質問6 スクールのスケジュールにあるランチタイムは、何処かに食事にいくことは可能でしょうか?
回答6 スクール内のランチタイムは検見川の浜の駐車場で食事することになりますので、事前に弁当を持参ください。
質問7 初めてウインドサーフィンをするのですが、運動神経は良いので初級コースから受講することは可能でしょうか?
回答7 運動神経が良い方でも、海のルールは適用されません。まずは体験コースで海のルールやマナーを受講してください。
質問8 自分の車で直接スクール実施場所に行くことは可能ですか?
回答8 車で直接スクール実施場所に来る場合、スクール申込みフォーム欄にその旨を記載いただければ問題ございません。
質問9 家族で参加するにあたり、子供にも体験させたいと考えています。子供用の道具やウェットスーツ等はありますでしょうか?
回答9 ホワイトキャップでは、家族でも参加できるよう子供用の道具・ウェットスーツを用意していますので、奮ってご参加ください。
質問10 コンタクトをしていますが、外したほうがよいですか?
回答10 コンタクトでもウインドサーフィンをすることは可能ですが、使い捨て等の予備を持参してください。
 
 □体験スクールを受講したお客様の声
当初、サーフィンを始めようと思っていたのですが、友達の薦めでウインドサーフィンを知りました。ウインドサーフィンは風の力で前に進むことができ、元スキーインストラクターの私にとって、スピードを出せる喜びがありました。
スキーは雪山に行かないと出来ませんが、ウインドサーフィンは風と海さえあれば年中いつでもどこでも出来るスポーツ。たまにはスキーも行きますが、今後はウインドサーフィン中心の生活になるかな?
最近、DVDで「Life 天国で君に逢えたら」を鑑賞し、ウインドサーフィンを知りました。体力のない私にとって、難しい、重たい、大変かなと思い体験してみましたが、こんなに簡単に手軽に出来るスポーツだとは知りませんでした。ウインドサーフィンを体験すると先入観が一気に吹き飛ぶと思いますので、皆さんもまずは体験してみてください。
幕張で妻と犬の散歩にしていた時、ウインドサーフィンを見ました。妻からは「家でだらだらしているんであれば、やってみたら?」と言われ、ホワイトキャップの体験スクールに申込みました。
体験スクールでは、インストラクターから手取り足取り教えていただくことができ、楽しい経験ができたと思っています。今では妻がベランダで洗濯物を干している時に「風が吹いているよ」の合図のもと、海に行く生活をすごしています。
会社の先輩と生涯スポーツについて話しているときにウインドサーフィンを紹介されました。若い時にしかできないスポーツと思っていましたが、上達すればするほど、体力を使わず楽しむことができ、それでいてウインドの奥の深さを知ることができました。
短期間で達成しえるスポーツよりも、長い人生じっくり楽しめるウインドサーフィンは最高です。
ウインドサーフィンを始めて、早2年。当時、神奈川県の湘南にドライブに行った際、海を走っているヨットを見ました(当時はウインドサーフィンとヨットの区別がつきませんでした)。そのとき、気持ちよく走っている姿に海が苦手であった自分が「これならできるスポーツ」と感じ、ホワイトキャップの門を叩きました。今ではウェーブと呼ばれる種目をやっており、海面を走るだけでなく、飛んだりしています!
通勤途中によくホワイトキャップのスクールバスを見かけ、「何だろう?」と気になっていました。同じタイミングにDVDの「life」を見て、それがウインドサーフィンであることを知り始めました。
体験スクールには1人で行き、話し相手もいませんでしたが、それもつかの間、周りの皆さんから声をかけていただき、色んな職業の方、世代の方と知り合うことができました。休日って、なかなか多種多様な人と出会うことが少ないですよね?ウインドサーフィンは出会いの場としても、いいかもですね。
仕事でサンディエゴから帰国途中の飛行機で、隣席の人が読んでいたウインドサーフィンの雑誌が全ての始まりでした。何がきっかけで起こるかなんてわかりませんね。今ではホワイトキャップで学んだウインドサーフィンを出張先の現地で楽しんでいます!
最近までシステムエンジニアで平日はいつも遅い帰宅でした。休日はストレス解消のため、体を動かそうと思い、ホワイトキャップでウインドサーフィンを始めました。ウインドサーフィンは風が吹いているとより一層楽しめるスポーツ。休日の土日だけでは満足できず、思い切ってシステムエンジニアを辞め、平日も風が吹いている時に行けるよう、家業であったお花屋を継ぐことになりました。
お花屋は仕入れで朝は早いけど、夕方は自由がきくので、吹いているときはいつでもいくことができ、最高の日々を過ごしています。
休日は仕事柄、お客様とお付き合いのために船上でのんびりすることが多かったのですが、はっきりいってマンネリでした。
そのとき、船で幕張をクルージングしていた時にお客様から「あれ、ウインドサーフィンだよね?」と聞かされ、物は試しで始めることにしました。ハマリ症なオレにとって、それに値するスポーツ。今年の夏は本場のマウイでキメるつもりです。
料理好きな私とウインドサーフィン、全く異なるジャンル。今思えば、料理を作る工程とウインドサーフィンのセッティングは意外と近いものがあるんですよね。
「食べる喜び」と「風で走る快感」。皆さん、まずは経験から始まります。それからでも、語るに越したことが無いと思いますよ!
携帯関係の会社を経営しています。組織を構成するにあたり、その部署の役割を明確にすることが秘訣ですが、ウインドサーフィンもそれに該当すると思います。
サーフィンと違い、道具の数は多くそれぞれの役割があります。その役割が明確であるからこそ、風の力でスピードを出し、楽しむことができます。安易にできるスポーツを短期間で達成するよりも、時間をかけ、ゆっくり楽しむことはまさしく会社の経営。平日はもとより、休日も人生を謳歌しています!
現代、「メタボ」ワードが蔓延していますが、私もそのうちの一人でした。35歳を皮切りにメタボから脱出すべくウインドサーフィンを始めて早1年、今では昔の体系を取り戻したのは言うまでもなく、毎週休日は海に出かけてはウインドサーフィンを楽しんでいます。
喫茶店を経営しています。よくウインドサーフィンのお客さんが来るので、話の流れでホワイトキャップを紹介してもらいました。
コーヒーは豆を焙煎するまでの過程で味が変わります。ウインドサーフィンも同様でセッティングによって乗り味が変わります。一つ一つのプロセスを大切にすることはコーヒーもウインドサーフィンも同じですね。
ウインドサーフィンを始めて、早3ヶ月。楽しいっす。今年は風が吹いているので練習には最適な年らしいです。早く上達してマウイやサイパンで海外遠征してみたいですね。
都内でIT系OLしています。職場の先輩に勝間和代の本を渡され、仕事でロジカルシンキングすることが多くなりました。
さすが休日ぐらいはロジカルシンキングせずにのんびり出来るウインドサーフィンを選んだと思いきや・・・、休日も何故か仕事モード! ウインドサーフィンも風向き、波、様々なコンディションを定量分析、定性分析することが重要で、その結果で技術向上に繋がります。
 
ウインドサーフィン楽しいですね♪ 力の無い私でも、コツさえつかめば簡単に出来るんです。今では、ジェットスキーのスピードなみに海面を走れるようになりました!
そうそう、これから始めようとする女子諸君!ウエットスーツとSPF50の日焼け止めさえあれば、日焼けなんて関係ないよ!
Windsurfing is the best sports!!I knew windsurfing for the first time in Japan. Because the reason is because my country does not have the sea.

Please come to the whitecap together!!  
帆板是最高!今は中国系航空会社で働いています!中国ではウインドサーフィンの文化はほとんど無いんですね。こんな楽しいスポーツ。皆に紹介したいぐらいです。次の人生、インストラクターになって中国でビジネスしよかな!
勤務先の病院からウインドサーフィンが見えるので、ホワイトキャップに体験入学しました。スポーツは初めてで特にマリンスポーツをやるとは思いませんでした♪
道具のセッティングから運び方、ボードの上の立ち方、幌(セイル)の持ち方まで、私の技量に合わせて教えて頂きました。
インストラクターからはカリキュラム表で何処まで向上したのかを管理頂いています。土日にウインドサーフィンするたびにカリキュラム表に沿った教え方で日々向上しています!
ウインドサーフィンは1〜2回やっただけでは「やったことあるよ〜♪」なんて言えないことが最近わかりました。そう、それはプレーニングをすること!それが出来なければ、本当のウインドじゃないんだよね!ウインドを語るにはまずプレーニングですっ。
ホワイトキャップでウインドサーフィンを始めた頃は都内に住んでいましたが、今は逗子に住んでいます。逗子も稲毛の浜(千葉)と同様、関東ではウインドサーフィンのメッカですが、通い詰めた千葉での親友、ゲレンデコンディションの慣れ、ナイスアドバイスなインストラクター、愛すべき彼女の為、逗子から毎週通っています。 今度、千葉に別荘を購入し、楽に通えるようにします!
幕張周辺にはウインドサーフィンショップが数店舗ありますが、その中でホームページのバランスの良さ、動画コンテンツの充実、中古情報の多さでホワイトキャップを選びました。いざ体験してみると、インストラクターがお客様毎のオーダーメードによるスクールを実施しているところにも大変満足しています。他のショップではインストラクターが女性中心に教えており、男性陣は無視されていましたので・・・w
ウインドサーフィンで人生観が変わりました、ホントです。自己啓発の書籍、恋愛、宗教?などでは良く聞きますが、まさかウインドサーフィンというスポーツでとは・・・。過去の性格は全てがネガティブ思考になり、引っ込み思案でしたが今では全てがポジティブにっ!そんな今では彼女に軽く搾取されながら、一緒にウインドサーフィンを楽しんでいます。
 
 
 
copyright (c) 2008WHITECAP
mailto